節税に関する相談

正しく税理士を見分けていくために、最初に外見から確認していきましょう。外見であったり立ち振る舞いなどをチェックした時に、非常に税理士としてだらしない動きになっていたり、行動パターンが目に余ってしまうこともあります。そうなった時は早めに相談を切り上げてしまいましょう。人と会いながらビジネスを展開する仕事なので、人一倍外見であったり立ち振る舞いを考えています。サービス業に関する意識を基本的に持っていないので、直感的に違和感を感じないかを判断しなければなりません。

節税に関するアドバイスをもらった際に、手取りを大きく増やしていくこともできます。税理士に対する顧問料がコストとなってしまい、単純に損得で計算していくケースもあります。税理士に対してどのくらい払ってしまうか、相談した時にアドバイスを明確に貰っているかで損得を判断することができます。節税できている部分を、会社設立当時から考えているかを相談の中で確認しておく必要があります。

会社設立後も税理士の選択基準を忘れてはいけません。状況によっては顧問契約を打ち切って、他の税理士へ依頼をすることもあります。そうなった時にスキルの低い税理士へ相談をしないように、じっくりと検討しながら決めていかなければなりません。