会社設立後の融資

税理士としっかりと顧問契約を結ぶことによって、会社設立から税金などで心強い存在となります。会社の経営を開始した時、税務であったり利益などのキャッシュフローをチェックしなければなりません。全国各地の経営者が、優秀な税理士を雇って将来の経営を考えながら進めています。本当に経営を楽にしていくために、キャッシュフローであったり節税について税理士と相談しながら決めなければなりません。

顧問契約によってメリットがありますが、特に会社設立時から資金の調達が圧倒的に有利になります。金融機関へ融資の申請を行った時、顧問に税理士を付けている事によって、融資の許可が降りやすくなります。さらに税理士が顧問になっているので、月次の決算書類などを簡単に作成することができます。

資金調達で書類は必要ですが、金融機関で求められた分だけ税理士がしっかりと対応します。相談事項としても会社設立時から多くなるので、準備にかける時間は極力減らしたいところでしょう。資金調達が会社設立のタイミングを遅らせることもあるので、ビジネスチャンスを逃さないように準備を進めていくようにしなければなりません。個人で作成している決算書類だと、信用度が低くなってしまうので融資などで不利になってしまうこともあります。

税理士が務める果たす役目が非常に大きいので、良い税理士と出会わなければなりません。会社設立から成長していく中で大切であり、慎重に選ばなければならないポイントとなります。