相談時の費用に注意

税理士に対して顧問契約を行っていく場合、会社設立より必要になるのが事業計画書です。融資を金融機関から受けていくために、事業計画書の作り方を学ぶ必要があります。そこで税理士に頼みながら、会社設立の手続きに関する方法を探していくことも必要です。業務に関してサポートしていく税理士が必要となりますが、顧問契約をしっかりと考えておかなければなりません。会社設立についてサポートに対して報酬が無料かどうか、そして大幅な割引を期待することができます。

会社設立の後で毎月の帳簿を作成したり、確定申告や決算申告について作業をしなければなりません。税務関連でサポートしてもらえるように税理士が必要というケースも出てきます。税理士は本業となるので、何度もサポートをお願いすることもあります。付随業務として会社設立のサポートを行ってもらえるので、顧問契約は付随業務も一緒にサービスとして提供されます。

さらに設備投資を行ったり、不動産に関する契約などを行う際には費用がかかってしまいます。税理士は把握しているので、会社設立から極力負担を減らそうと動いてくれます。顧問契約が会社設立から助けてくれることもあるので、あらかじめ検討しておくといいでしょう。

1 2 3